Information

高瀬佳子コンサートシリーズ in STUDIO73
『素顔の作曲家たち』
Vol.26 夢と現実のはざまで

夢と現実のはざまで苦悩するのが人間というもの
そして様々な苦悩をも昇華し音楽にしていくのが作曲家たち
エピソードと共に、ピアノの名曲を楽しんでいただけたら幸いです

★素顔の作曲家たち〜高瀬佳子コンサートシリーズ
皆様に、少しでも作曲家の存在を身近に感じ、そして今でも決して輝きを失わない魅力溢れる作品を聴いていただけたら、という思いから2002年に始めた高槻STUDIO73でのコンサートシリーズ「素顔の作曲家たち」。クラシック音楽の奥深さを、演奏者の息遣いまで聞こえる空間で、ドイツの銘器グロトリアンのピアノを通して聴いていただきます。



日時 〈第1公演〉2019年3月15日(金)
6:30p.m.開場 7:00p.m.開演
〈第2公演〉2019年3月17日(日)
2:30p.m.開場 3:00p.m.開演

出演 高瀬佳子〈ピアノとお話〉

Program シューマン/トロイメライ、予言の鳥、ソナタ第1番
リスト/愛の夢 第3番
メンデルスゾーン/無言歌「春の歌」「失われた幻影」
十河陽一/ふるさとに寄す
平井康三郎/幻想曲「さくらさくら」
ほか

料金 前売券¥3,000
当日券¥3,500

協力 ムジカ工房、高瀬佳子を聴く会

Profile

高瀬佳子(たかせよしこ)
高槻市生まれ。
京都市立芸術大学卒業後、ドイツに留学。ミュンヘン国立音楽大学大学院修了。
度々のソロリサイタルを開催。海外での受賞や放送の他オーケストラとの共演、新作初演、室内楽や伴奏などでも幅広く活躍。2枚のソロCDリリースの他、様々なCD制作や映画制作などに演奏で参加。
演奏生活20周年記念リサイタルをいずみホールにて開催、25周年記念コンサートでは、シューマンとベートーベン「皇帝」のピアノ協奏曲を演奏。
http://yoyo.moo.jp/yoshiko/


STUDIO73LIVE
北インド古典音楽「暮夜」

北インド古典音楽では楽曲<ラーガ>は
演奏する季節や時間が定められています。
〜暮夜〜日が暮れてから
奏でられるラーガをお楽しみください。

井上憲司のシタールは
艶やかで美しく、その豊かな表現は奔放かつ繊細。
グレン・ニービスは繊細さと力強さを合わせ持つタブラ奏者です。



日時 2019年4月13日(土)
開場6:30p.m.   開演7:00p.m.

出演 シタール/井上憲司
タブラ/グレン・ニービス

料金 前売券 ¥3,000
当日券 ¥3,500
会場 STUDIO73
(高槻市高槻町6-26) 
JR高槻駅より徒歩3分・阪急高槻市駅より徒歩5分
予約・お問い合わせ STUDIO73
Tel(事務所)=072-661-7300
E-mail=studio73@saxonz.com
  シタール/井上憲司
http://kenjiinoue.com/
タブラ/グレン・ニービス
http://www.tabla.com.au/#!japanese-page/cbl7

チケットのご予約は…コチラ